パワーを下げることを真剣に考える①





パワーが上がる=襲撃されにくくなる ということを前提に。

当然、偵察で中身を見られたらパワー云々は関係なくなります。パワーが高くても兵士を確保していないのがバレたらガンガン単騎でやられます。

あくまでも偵察で中身が見えない場合のその城の戦闘力の予測方法の一つである、パワーでの把握です。パワーが上がれば上がるほど、兵士が多い可能性が高い⇒攻めにくくなる。ということです。

 

今回、罠城のパワーが上がりすぎて攻撃対象から外れてしまうということが身に染みて感じてしまいました。

確かに、一億超えて戦闘意識のあるお城なら、ある程度の兵力確保がされていて、単騎ではなかなか叩けないお城もあります。

なので、パワー下げて沢山攻撃してもらえる罠城にするために今日から行動を起こしていきますw

まず、罠城のパワー↓

一億超えちゃっています・・・プレイヤーレベル60に上がった時のパワーアップが響いております(;’∀’)

これを何とか一億未満に抑えて、「戦闘力ないよ~戦えないよ~」っていう擬態をなるべくだしつつ次回のKvKに参戦したいと思います。

現在のパワーの詳細↓

こんな感じです。

特に研究高い・・・もともと資源城だったので輸送などの恩恵を研究で上げてました。もうこれは下げられません。

マーカーを引いてあるところがパワーを下げることができる項目です。

今回は「現状のスペックの維持しつつパワーを下げる」ことを考えて、兵隊パワーを調節します。

現在の兵隊の詳細↓

皆さん知っているかと思いますが、T1~T4の強さに比例してパワーが上がっているかというとそうではありません。実際表にするとこんな感じです↓

強さに関しては、T1を1とした場合の指数です。

特に見ていただきたいのがT3のパワーです。T3だけ強さよりパワーが目立っていますよね。

なので、先ほどの兵隊の詳細でマーカーを引いた「ロイヤルガーディアン70万」のテコ入れを行いたいと思います。

 

※なぜ歩兵をT3のみにしたのか?

→これは歩兵で受けて死亡数を極限まで減らし勝利できるように考えT3にしました。

しかし、現状は騎兵のT1で受けており、ハイロードやフルチャンプに大勝していることから歩兵受けは必要ないと判断しました。

 

実際のパワーダウンをシミュレーションしてみました。

T3をT2に変える作戦で行きます。半分終わった時点で280万のダウンなので一億以下はキープできそうです。

方法としては、

1、T2を作成します。

2、作った分に見合うT3を処分しますw

繰り返す。

すると徐々にパワーは下がりますが、兵隊能力はほとんど変わりません。

現状の兵士作成能力は・・・

荘園建て替えも才能もいじらないのでめっちゃ遅いですが一日当たり4400人のT2が生まれます。

その時にT3を2200人解散します。

T2の4400人のパワーは35,200、T3の2200人は52,800、差し引きの17,600パワーが一回につきダウンします。

休むことなく83日間こなすと晴れて1億未満プレイヤーになれます・・・・(-_-;)

全てのT3がT2に代わるのは319日後。長いから途中でドーピングですわww

こんな形で兵士のスリム化を進めます!